HOME > Blog > 「正しい判断をするためにリーダーが習得すべき3つの判断軸」

正しい判断をするためにリーダーが習得すべき3つの判断軸

変化の激しいビジネス環境の中で正しい判断をすることは、リーダーに求めら

れる重要な能力です。皆さんの組織のリーダーは組織パフォーマンスを高める

ために、どれくらい正しい判断ができていますか?

 

素早い決断を迫られる環境下で、多くの人はかなりの部分、直観で判断してい

ます。判断の質が低ければ当然、効果も低くなり、現状よりパフォーマンスを落

とすことにもなりかねません。

 

今日は、ノーベル平和賞ノミニーのハートマン博士の発見した判断の質を高める

ために必要な3つの判断軸とその強化方法のヒントをご紹介します。

 

皆様のチーム成果と皆様ご自身のリーダーシップの更なる強化につなげてい

ただけますと何よりです。

 

■3つの判断軸とは、「Systemic(論理的的判断軸)」、「Practical(実践的判断

軸)」、「Emotional(感情的判断軸)」、です。正しく判断するためには、これらす

べてが必要とされますが、皆さんはどの軸をよく用いますか?

 

■ちなみに、正しい判断とは長期的に、全体最適を達成できる判断ですので、

短期的、局地的に効果の上がる判断ではありません。まさしく、サステーナブ

ル(持続性)と3Ps(Profit、People、Planet=収益、人材、地球)効果を求めら

れる現代社会に重要なことです。

 

■Systemic(論理的的判断軸)」とは、ものごとのしくみ、包括的なロジック、プ

ロセス、物事の善悪、を見抜き、それらを基に判断する軸であり、また、その能

力です。

 

■この能力(成熟度合い)が高くなければ、長期的、且つ包括的な全体最適に

至る判断はできません。こういった方は、システムズ思考を身に着け、システ

ムズ思考で判断し、仕事を進める訓練が必要です。

 

■Practical(実践的判断軸)とは、実用性や機能を中心に物事を考え、意思決

定(判断)する軸です。この判断塾の成熟度合いが高いと、実行力も高く、物事

を柔軟に考え、よりクリエーティブな活動も多いのです。

 

■この判断軸の成熟度が低いと、プロジェクトの進捗も遅く、変化への対応も

素早くありません。目標管理の力を高め、結果志向を実践していく習慣が必要

とされます。

 

■Emotional(感情的判断軸)とは、相手との人間関係や全体の調和を考え、

物事を判断する軸です。この軸の成熟度の高い人は、組織の心理的な和を考

慮した決定ができます。

 

■逆にこの判断軸の高くない人は、周りへの影響を考えず、自分のベネフィッ

トを中心として物事を決めかねません。俗に言うEQの低い方ですが、このよう

なリーダーは時々いらっしゃいまんか?

 

■効果的な判断や行動をするためには、これら3つの判断軸の成熟度合いを

アセスメントにより理解し、高い軸を更に高め、低すぎる軸の能力を高める努

力が必要となります。

 

皆さんの組織のリーダーの3つの判断軸の成熟度合い、有効活用度合いはど

のようなものでしょうか?一度、トライメトリックス®などのアセスメントツールを

活用し、現状把握を行い、判断力(能力)強化計画を作成してみてはいかがで

しょうか?(トライメトリックス®はハートマン博士たちの発見した論理をベース

に開発されたアセスメントツールです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です