メールマガジンサンプル
ライン

リーダーのための無料メールマガジン
「5分で実践、21世紀型リーダーの成功の秘訣!!」
~ 元気に21世紀を勝ち抜くためにリーダーが知ること・すること~

 

 HPOクリエーションは週刊メールマガジン「5分で実践、21世紀型リーダーの成功の秘訣!」(購読無料)を発行しています。本メールマガジンでは、常に組織・ビジネス・自己の成長を目指す21世紀型のバランスとグローバル感覚のある経営者やリーダーの方々の夢実現のために経営力とリーダーシップとパフォーマンスの強化に必要な国内外の実践的な情報を発信しています。
特徴は :
1)社外で、またグローバル環境でも通用するリーダーのKSF(Key Success Factor~成功要因)を知る
2)自分のチームの強化策とビジネス成果を向上させる方法やヒントを掴む
3)新たな行動の実践により、リーダーシップ能力を強化する
4)自己認識力、自力解決力、セルフコーチング力を養い、リーダーとしてのキャリアアップ力をつける
5)海外のリーダーシップ開発のエキスパートからリーダー育成の最新情報を吸収する

 

 

- メールマガジンのサンプル -

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■  5分で実践、21世紀型リーダーの成功の秘訣!!
■□■  元気に21世紀を勝ち抜くためにリーダーが知ること・すること
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本メールマガジンはグローバルで通用するリーダーを目指す方の夢実現のために
筆者の4業界の外資系企業でのマーケティングと人事・組織開発の幹部リーダー
経験、経営変革や人材育成の支援の経験、グローバルネットワーキングからの情
報を基にパワーアイデアをお届けしています。21世紀型リーダーとして組織・ビジ
ネス・自己を変革し続けるための一助としてご活用ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今週のパワーアイデア Power Idea】
イノベーションを高めるリーダーの必須スキル!
Key Skills for Innovative Leaders in an Uncertain World!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
不確実性の時代と言われて早20年近くたっていますが、そのような中で成果を
確実に出していくためには、もはや改善力や論理的思考だけではリーダーとし
ハイパフォーマンス組織(またはチーム)を引っ張っていくことは困難ですね。

今回はフューチャリストとしての権威、R.ヨハンセン氏が彼の著、「不確実な時代の
リーダーシップ能力」で説く10のスキルのうちのいくつかをご紹介いたします。
皆さまの更なるご成長と皆様の組織パフォーマンスの変革に、お役立ていただ
けますと幸甚です。

不確実な時代で着実にイノベーションを推進しながら、チームパフォーマンス
を伸ばしていくことのできるリーダーに必要な能力を5つご紹介したいと思い
ます。

■1.「ジレンマを解く」 これは、こんがらがった問題を機会としてとらえ、
実際に機会に変えていく力です。変化は機会、と同じく、常に問題をいかに梃
にして新たな機会をくくれるかは、現在のリーダーには必須能力です。

■例えば、熟成しない品種のブドウがある。使えないから捨てるのではなく、「ボジョ
ーレヌーボー」として新たなマーケットを切り開いてビジネスにする発想力です。

■2.「学習する」これは、1980年代からピーター・センゲ氏もよく説いていたことで
す。貪欲に、新たな学びを得て、自らを変革していく人でなければ、例えば、上記の
ような問題を機会に変えることもできませんね。

■そして、そのような人が上にいると組織全体に学びの文化が始まり、全員で学び、
それを共有しながら学習する組織が出来上がっていきます。不確実な時代の基本は
学習する素子句をリーダーが作れるか、です。

■3.「緊張をコミットメントに変える」いろいろな人が協働する中、テンション(緊張)
また対立は不可避です。こういった対立する力を、共通のビジョンの創出、また、新た
な視点の創出により、全員のベクトルを合わせるのはグローバル社会ではとくに重要
なスキルです。

■この能力の基盤は信頼関係をメンバー全員と作れるか、チーム内に信頼関係
を作れるか、です。今回のチリの炭鉱のリーダー、ウルズア氏がいかに落盤発
生から17日間の音信不通の危機感を募らせた33人チームを持ち答えさせるこ
とができたかですが、おそらく彼への信頼は大きな力となったことと思います。

■4.「素早く試作する」 これはアイデアを素早くプロトタイプに仕上げ、テ
ストすることです。これは、マーケティングでもR&Dでも基本中の基本です
が、多くの組織のリーダーは、石橋たたき過ぎ、実行の時を逸しています。

■早く、試作品を創り、早く失敗すれば、完成への道も早く来ることは、世界
中のイノベーティブな会社がやっていることです。
すみません、5つ目を書くスペースがなくなりました。_・・_

今回のアクション: (1)上記4点の自らの能力を自己評価してみる、(2)、
メンバー全員に、多面評価してもらう、(3)理想を定め、理想とのギャップの
大きなもの2つを選び、その能力高め現場で実践する計画を作成する。

後は、計画通り、Just Do It!!皆さんのチームの業績向上と顧客満足度向上に
つながれば何よりです。

■□■□■□■□■□■□■□ 編集後記 □■□■□■□■□■□■□■□

これを書きながら、今、私が前職P&Gマーケティング時代、当時のP&Gファーイー
ストの社長、ヤーガー氏がよく口にしていた言葉を思い出しました。「Fail forward fast!
=素早く実行に移し、失敗して前進しよう!」もちろん市場に出して大失敗はできない
ので、出す前に試作品を素早く作成し、テストすることも含めての言葉です。

変革のリーダーシップと確実性を高めるマネジメント、どちらも必要ですが、イノベー
ションは生存と成長には不可欠です。是非、自らイノベーションを起こしていくリーダー
へと皆さんが更なる変革を起こしていかれることを期待しています。

成功の秘訣のひとつは、ワークショップを行う準備段階からそのプロジェクトの責任者
と主要な参加者の方々と話し、早期にステークホールダーを巻き込みながら、ワーク
ショップのプロセスとデザインを決め、重要な部分のすり合わせをしておくことです。

最後までお読みいただきありがとうございます。ご質問・ご要望・ご感想、また
取り上げて欲しい題材などをお聞かせください。お待ちしています。お役に立て
ていれば何よりです。このメルマガのお友達への転送も歓迎です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想・ご質問・ご要望等お寄せください!! → info@hpo-c.com
────────────────────────────────
発行元: HPOクリエーション株式会社
URL: http://www.hpo-c.com/
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 A28F
発行責任者: 松井義治
e-メール: info@hpo-c.com
────────────────────────────────